天然素材のかご・バスケットのお手入れ・保管について

編み目にほこりがたまった時は歯ブラシなどで編み目に沿って払って下さい。  
日常のお手入れは固く絞ったふきんで拭き取る程度にして下さい。
天然素材は湿気に大変弱いです。  
通気性の悪いビニール袋に入れての保管はカビの原因になります。  
仕舞い込まずに直射日光を避け風通しの良い所に時々出してあげて下さい。
低い場所は湿気が溜まるのでなるべく高いところに保管するのが良いでしょう。  
 
 
竹・マタタビ素材について  


竹・マタタビ素材は水に強いですがそのまま放置して置くとカビの原因になります。
濡れた場合はふきんで水気を拭き風通しの良い所でしっかり乾燥させて下さい。
万が一カビてしまった場合は熱湯に酸素系漂白剤を入れて1時間程浸けておくと 落ちる場合があります。アクリルタワシで擦るとより落ちます。
店主もかごを一度カビさせてしまった事(汗)があり上記のやり方で綺麗に落ちましたよ。  

自然素材の為虫が発生する場合があります。  かごの下に白い粉が出た場合は虫がいると思われます。  こちらも熱湯に浸けるか虫のいる箇所に熱湯をかけると死滅します。  
私もこの方法で虫を除去しました。  
キンチョールなどの殺虫剤をかける事も可能ですが出来れば自然のやり方での処理をお薦め致します。    

 
 ボルガバスケットの型崩れについて  


遠いアフリカから折りたたまれて運ばれてくるので型崩れになる場合があります。  
バスケット全体を水に浸けるかシャワーをかけて湿らせます。  
繊維に水を浸み込ませて柔らかくしてから手で形を整えてゆがみを取ります。  
水気を拭いて風通しの良い所でしっかり乾燥させて下さい。  
とても綺麗な形に整える事が出来ます。